好きなロックミュージックの時間。


by mi10kuma
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

The Musicの情報について

すでにこちらのブログは更新を止めていますが、The Musicの検索で来られる方が多いので、最近の情報について引越し先で引き続き書いてますのでよろしければどうぞ。→コチラ
[PR]
# by mi10kuma | 2011-02-04 00:57 | UKmusic

引っ越します。

長らくお世話になったエキサイトブログですが、思うように動画が貼れない、ライフログに自分の購入したアルバムのリストがない(表示できない)と、色々不都合な感じになってきたので思い切って「はてなダイアリー」に引越します。
こちらのブログを愛読していただいている皆様方、よろしかったら引き続きあちらでもお願いします!
タイトルは変わりません。

引越し先はコチラです!
慣れるまで更新ものんびりなので気長にお付き合いくださいませ。
リンクしたいただいている方、スミマセン。。。
[PR]
# by mi10kuma | 2011-01-13 22:45 | その他

2010年に観た映画メモ

さて、昨年の映画鑑賞リスト。まとめる時間がないのでメモだけ。

ベストに入る作品「フローズン・リバー」 「ジョニー・マッド・ドッグ」「ルイーサ」「エリックを探して」「キャタピラー」 「ドアーズ まぼろしの世界」 「ミックマック」「月に囚われた男」「トイ・ストーリー3」。
印象強かった「シャッター・アイランド」「コスモス」(東京国際映画祭)「インセプション」。
オシャレだった「(500日)のサマー」私のアイドル映画「トワイライト エクリプス」

そういえば観た「僕の無事を祈ってくれ 」(カザフスタン映画祭)

イマイチ「告白」「Dr.パルナサスの鏡」(ギリアム監督は大好きなので余計に辛い点をつけたくなる)「ずっとあなたを愛してる」「アリス・イン・ワンダーランド」

見逃して後悔の作品メモ
「マチェーテ」「ベンダ・ビリリ」「闇の列車、光の旅」「第9地区」こうかいこうかいこうかい
[PR]
# by mi10kuma | 2011-01-13 20:36 | cinema

2011年!

新年が明けましたね!今年もマイペースで地味に楽しんでいきたいと思いますので、よろしく♪

さて、今年はじめを飾るバンドは、カナダのインディバンド、The Rest。アルバム「Everyone All At Once」を2009年にリリースしたものの、本国でもまだマイナーな存在の彼ら、偶然米国のサイトでライブ音源を聴いてビビっときました。まあ、私が好きなカナダサウンドの典型例みたいな感じですが(笑)とても綺麗でストレートな歌声で癒されます。クラシカルな技術をきちんと持った楽器演奏も、ナチュラルな中に工夫が沢山みられて素敵。

THE REST - John Huston


The Rest - "Modern Time Travel (Necessities)" Live in Toront

[PR]
# by mi10kuma | 2011-01-06 00:04 | canada music

マイベストアルバム2010

今年が終ろうとしてますねえ、今年を振り返ればなんといっても猛暑が記憶に残るなー。ほんと暑かった。来年は少しはすごしやすい夏、お願いしますよ~

さて、音楽でいえば、今年は新しいバンドに沢山会えたなあ!新人バンドも勿論そうだけど、これまで地道に活動してたのに私の耳に入らなかった音楽たち。いやあ、ロックミュージックの奥深さを知るばかりですわ。
今年の新譜、ランキングはほんとどうでもいいんですが、一応恒例になってきた感じなんで勢いでつけてみますー。私らしい、地味メンバンドが上位です(いつもですが 笑)。余り知られてないバンドに説明文長くつけてます。売れてくれ!

10.Arcade Fire 「The Suburbs」

タイトル曲が一発目にきて、いきなり、やられます。で、そのままラストまで一気にひきこまれてしまう。どこか懐かしくて、寂しい、でも、なんかほっこりするあたたかさもありますね。スタイリッシュだけど、冷たさを感じない。いいなー、いいです。

9.Spoon 「Transference」

ポップだけどポップ過ぎず、ガレージロック、ジャズ、そういったごった煮要素がこんなにカチっと決まるなんてすごくない?カッコいいなー。彼らには「イキ」を感じてます。もっと評価されるべき。

Spoon - "Got Nuffin" Letterman


8.MGMT 「Cocgratulations」

正直いえば衝撃的なデビューアルバムからすると、かなり地味な作品です。テーマもたいして苦労もせずにいきなりスターダムにのし上がってしまった自分たちを自虐的にみてるというかね、かなり皮肉のきいた作品です。でも、これをあえて次にもってきた所が彼ららしい、確信犯的なお茶目さが面白いです。大好きかといわれたらそこまでいかないけど、でも、気がついたら何度も聴いてた、やっぱ好きだわ。

7.Junip 「Fields」

彼らのサウンドを知ったのは今年、この新譜からです。何よりもシンガーであるJose Gonzalesの声が素晴らしいです。彼はアルゼンチンにルーツをもったスウェーデン人。スウェーデンといえばいわずとしれたスウェデッシュ・ポップを連想するのですが、彼のサウンドはラテン気質も含んだ一筋縄でいかない大人な音。静けさの中に、じわじわと湧き上がってくるような熱い炎、ただその炎はゴンザレスのやわらかな声に包まれてゆっくり天にたちのぼっていくような。そして私は心穏やかに、幸せな気持ちになって寝床につくのです。

JUNIP: LIVE AT THE VILLAGE (LIVEBUZZ SESSION)

JUNIP - Always (Official Video)

何度みても謎のおじさん笑える(笑)

6.Edwyn Collins 「Losing Sleep」

素直に好きだ!感動した!っていえる今年の一枚。何よりも彼の音楽への、世界への愛が溢れてやまない。優しさと活力を何度でももらえる美しいアルバム。

5.Everything Everything 「Man Alive」

彼らはあっという間に今年の「有力新人」バンドに育ちましたね!英国のひねくれポップの底力をこんなにも楽しく、壮大に魅せてくれた彼ら。将来が楽しみ。

4.Here We Go Magic 「Pigeons」

Luke Templeを中心にしたプロジェクトで、ブルックリンをベースに活動する5人組。
実は、このアルバムをサイトで全曲試聴した時点では購入する気はありませんでした(ブログにも書いた)。それが、ほんとに不思議、マジック!!彼らのライブ映像をいくつも観てるうちに、どんどん好きになっていったのです。魔法にかけられて。アルバムを購入し、ほんとに何度も彼らと一緒に白昼夢?に浸りながら単調な家事を楽しくこなしたとさ。めでたしめでたし。

で、あの例の最新pvは曲のタイトルが「Casual」で歌詞から全くイメージできないグロ映像でしたね!あれの意図をしばらく考えたんだけど、勝手に出した結論は「俺たちは夢ばっかみてるノンキなバンドじゃないぞ」という気骨の主張だったと思います。

ライブ映像はコチラ!ライブで本領を発揮するバンドなので是非みて。
KCRWサイト

Here We Go Magic - "Collector" (Official Video)


3.Band Of Horses 「Infinite Arms」

今年は二度もライブを観れてほんとシアワセでした。先日、急に思い立って満天の星空を観にいこうと山梨の田舎までドライブしたのですが気温0度の山中、しばし夢の世界にいました。勿論、音楽はBand Of Horses 「Infinite Arms」!最高だったなあ。

2.Shearwater 「The Golden Archipelago」

わー、このアルバム、一位にするかさんざん迷ったのです。それ程大好き!!ただ、この感動をわかちあいたいと願っても、このブログをご覧になってて聴いた方いるかな?寂しいけどいないような...
このアルバムはロックかといわれれば下地では、て感じ。どちらかといえば「歌曲」に近いかも。ポップさが足りないのかな、それだけに日本でも取り上げられる事もなく残念です。
Shearwaterも今年知ったバンドで、一度聴いたらとりこになってしまった。ジョナサンの美しく、誠実な声にしびれました。今、一番この目で観たいバンド!!

残念なのがこのアルバムのテーマがよく判らない事。このアルバムは前作2枚のアルバムとあわせて三部作になってるらしく、その2枚をまだ未聴のため。紹介ビデオや写真やイラストが載ったブックレットを眺めた限り「The Golden Archipelago」のGoldenはオーストラリアの金鉱山を求めて大勢の移民がやってきたことを意味し、先住民であるアボリジニの生活が白豪主義によって迫害を受けた事やオーストラリアの自然が大きく損なわれた歴史がテーマになってるようです。勿論、そういった事が直接歌われてるわけじゃないんでよくわからんです(苦笑)。
どこかで日本盤を出して優秀な日本語訳をつけてもらえないかなあ(つか、どなたか教えてください!)
最近のライブ映像
バンド紹介など

 「The Golden Archipelago」紹介ビデオ


1.The Acorn「 No Ghost」

さて、2010年のマイベストアルバムが決まった!期待のカナダ勢バンド、The Acornの4枚目のアルバムです(といってもこのアルバムしか聴いてませんが)。
なんといっても、さわやか~。すがすがしいだけでなく、カナダの大自然が目に浮かぶようなダイナミックさも持ち合わせてます。
最近始めたツイッターでも繰り返しお勧めしてたら何人かの方が聴いてくれました!(別に海外レーベルの回し者じゃありませんぜ 笑)いやあ、だってほんとに素晴らしいんだもの!沢山の人に知ってもらって来日してくれないかなあって。
とはいえ、The Acornの情報、ほんと日本に入ってこないです。ちょっと調べた記事はココココにあります。

The Acorn - Restoration (Official Video)

***
リストに入ってない新譜ではManic Street Preachers、Massive Attack、Wolf Parade、OK Go、The Futureheads、Throw Me The Statue、The National、Dr.Dog、Local Natives、22-20s、Twin Shadowを購入。順位がつけられないので入れてませんが、どれもそれぞれ味わい深かったです。ただ、残念だったのが大好きなWolf Parade。活動休止を発表した彼らですが、いかんせん、スペンサーとダンそれぞれのソロ活動に力入れすぎたのかな、本体の新譜はイマイチでした!
[PR]
# by mi10kuma | 2010-12-27 00:12 | その他music

マイベストライブ2010

さて、いよいよ今年も終わりに近づいてきましたー。ということで、今年の新譜ランキングといきたいところですが、実はまだ届いたばかりのアルバムが一枚あるので始めに「今年のライブ、マイランキング」いきます!
まあ、そんなに数観てないので単独公演は全部載せます。自分の記録の為にってことで。
Mewの単独ライブの感想を書いてなかったのが今年一番の反省!!(個別バンド名のリンク先は感想記事です)


1位 Wilco@Zepp Tokyo (4/23)

この1位はダントツで!Wilcoを聴き始めたのは去年というのにまるで何年も来日を待ってたかのような期待と、期待以上の大感動でした!!これからもずっとずっと彼らを聴き続けるし、ライブも行きたい。

2位 Band Of Horses@Summer Sonic(8/8)

ほんとに素敵な音楽を届けてくれてありがとうっていいたいバンドです。お客さん少ないのに、彼ら誠実に一生懸命プレイしてくれました(本国米国ではグラミーにノミネートされる程なのに)。勿論、夢みるような気持ちのよさにうっとりです。

3位 Mew@SHIBUYA-AX (2/20)

昨年サマソニで初ライブを経験して単独がきたら絶対と思ってました。ただ、彼らって独特の世界を持っていて、ディープなファンが沢山な中で浮かないかなあってちょっと心配だったのですが杞憂でした。彼らのつくる「ものがたり世界」に、すぐに引き込まれて瞬く間に時間が過ぎたのです。

4位 Everything Everything@渋谷 duo exchange(8/9)
新人バンドでこんなにすごいの??ってライブ中ずっと驚いてました。アルバムだけ聴くと音楽おたくのように感じられるかもしれませんが、彼らとっても体育会系なライブです。動きます。次回こそ単独希望!

5位 Manic Street Preachers@新木場STUDIO COAST(11/26)
愛するマニックス!!何回聴いても感動しますなー。ただ、今回は個人的に過去の名曲メインになってしまったのが嬉しくもあり、残念でもあり。

6位 Atari Teenage Riot@Summer Sonic(8/8)

7位 Why?@SHIBUYA O-NEST(9/13)

8位 Band Of Horses@北とぴあプラネタリウム(8/7)

9位 Throw Me the Statue@O-NEST(5/4)

10位 Black Lips@原宿アストロホール(2/12)

11位 Hockey@渋谷CLUB QUATTRO(1/25)

順位はつけたけど、行ったライブは全部面白かった!!ハズレなし。
インストアは今年は気がつけばカール・バラーだけか。少な!カールは好きなんだけど、新譜については色々思うことがあり感想は書きません。ロックに戻って、カール!
[PR]
# by mi10kuma | 2010-12-20 00:56 | ライブ感想
16日の早朝6時ごろにストリーミング中継していたEverything Everythingのオーケストラ共演ライブ、当日頑張って観たのですが、素敵だったなー。で、現在そのライブ動画がいつでも観られるようになってるんで是非!
新人バンドとは思えない貫禄。→Everything Everything Live at Union Chapel

ところで、有名どころでは既にベスト盤の発表ラッシュが続いてますが、BBC6で今年のベストトラック100の投票できますよー。投票はあらかじめ絞られた40曲からひとつ投票なんで迷うんだけどね、自分のごひいきバンドに一票どうですか?

BBC6
[PR]
# by mi10kuma | 2010-12-20 00:19 | UKmusic
公式が発表されてからと長い事待ってたのですが、全然その様子もないようだし、ロブ本人が何度もツイッターで触れているのでブログにも書くことにしました。

とっても、とっても残念な事ですが、The Musicからロブが脱退したようです。
解散かどうかは不明です。あくまでロブがバンドから離れたということ。

そして、最新のロブの情報ですが、The Streetsの新譜に2曲ボーカルとして参加し、クリスマスソングを歌ってます。scrooge and marleyというユニット名?になってます。

scrooge and marley - i don't want it to be me


正直なところ、私はロブに失望しました。ロブがいてこそのThe Musicだし、どんな理由があったにせよ、ファンを裏切ったのだと。だからソロになった彼を素直に応援する気持ちはないです。

(追記)
もともとバンドのソングライティングの要であるロブとアダムには音楽の好みの相違がありました。ロブはソウルやポップス、アダムはMassive AttackやPortisheadといったブリストルのエレクトリックなロックミュージックが好きという。おそらくその辺の音楽志向の違いがバンドから離れる動機のひとつになったのかと推察しますが、それにしてもこんな終わり方はないんじゃね?
[PR]
# by mi10kuma | 2010-12-12 22:58 | UKmusic
先日、国立新美術館に「ゴッホ展」を観にいきました。もうそろそろ空いてる頃かと思ったんですが、日本のゴッホ人気ってすごいですね。平日の午後というのに結構混んでました。それでも、根性で一点、一点、目の前にいって気が済むまで鑑賞しましたよー。

ゴッホの絵が好きかというと正直彼の悲しい生涯をイメージしてしまって、グッズとか複製画とか買う気が出ないのですが、今回の展示は彼のショッキングな晩年の一般的知識しか知らなかった私には、彼が絵画で生きることを目指してからどんな軌跡を残したのか、とっても具体的に判ってよかったです。

ほぼ独学で絵画を学んだゴッホって「落穂拾い」で有名なミレーの作品が人生の師、といっていい程だったのですね。
直接会った事はなくても、ミレーの残した「種まく人」(いくつもパターンがあった)の模写から始めて、画家として自分の画風を確立してからも、自分なりの色彩をつけてまた描いた。ミレー以外にも農民や風景を写実的に描くバルビゾン派の画家たちを自分の師として、何枚も模写した。そういった習作の過程が実際に手本となった先輩たちの作品とともに並んで展示されていてとても興味深かったです。
それを観ると、ほんとにゴッホって努力のひとなんだなーって思いました。そして、とても理想主義だった。美術以外には全く興味がなかったのかなと思うほど絵に打ち込み、絵を通じて人とも交流した。

ゴッホの最大の理解者は弟テオといわれ、テオ宛ての手紙も沢山残されていますが、その内容は現在描いている自作のスケッチなどが添えられて、ほんとに狂おしい程絵画にのめりこんでいたのがよく判ります。
「黄色い家」で唯一共同生活を送ったゴーギャンも3ヶ月の短い喧嘩別れになりましたが、あの「耳切り事件」の後も手紙で絵画について議論を交わす事は続けていたということです。
その一途さが彼の精神状態を悪くしたのかなと思いますが、不幸にもその純粋さが彼の死後絶賛される作品を数々残したのかなと思うと、とても複雑な気持ちになります。

今回の展示では、様々な工夫を凝らしてあってゴッホの人生の軌跡がほんとに手に取るように判り感動しました。特に、あの「黄色い家」の自分の部屋を実物大で展示されていたのはよかったなー。当時の彼の部屋をかなり忠実に再現したもので、彼の描いた部屋の絵と比べながら実感できました。
個人的には大好きなロートレックの作品が一点あったのが嬉しかった!


展示されていた彼の作品で心に残ったものはいくつかあるけど、やはり自画像(1887年の作)や療養所の中庭を描いたもの、ゴーギャンの椅子といった作品は彼の人生を深く感じられるものでした。

c0142563_16344543.jpg

[PR]
# by mi10kuma | 2010-12-09 16:13 | その他
あっという間に今年も師走。そろそろ年間マイベストを考えないとー。

ところで、WilcoのJeff Tweedyのライブ音源がアップされたので載せときますね!!
他にもヨ・ラ・テンゴとか結構いい音源あるので探してみて。

Jeff Tweedy: December 4, 2010 Bowery Ballroomnyctaper
[PR]
# by mi10kuma | 2010-12-09 15:11 | USmusic
ドアーズといえば、ヒッピー世代全盛の1960年代後半に登場した、サイケデリックロックにジャズを融合したような、孤高のロックバンド。私は当然ながら現役時代は知らず、既に伝説のバンドとなってからレコードを聴いて知ったのですが、彼らはビートルズやストーンズよりは地味な存在で、余りテレビや雑誌などで触れてこなかったので正直よく知らないでいました。
フロントマンのジム・モリソンが魅力的なスター性を持っており、ジャニス・ジョプリンやジミー・ヘンドリックスと同じ27歳という若さで亡くなったというエピソードは、オリヴァー・ストーンの「ドアーズ」という映画で知った位。
ヴァル・キルマー演じる映画のジムはルックスといい声といいそっくりさんだったらしいけど、フィクションには違いないしね...

今回、全編当時のフィルムオンリーで製作されたドキュメントフィルムを鑑賞し、初めてドアーズの魅力が肌で感じられたような気がします。「肌で感じられた」というのは誇張ではなく、映画でのライブシーン、秘蔵のプライベートフィルムがまるで、今、そこに彼らがいると錯覚しそうな程リアルな感覚でせまってきたからです。

More
[PR]
# by mi10kuma | 2010-12-01 14:30 | cinema
c0142563_2258481.jpg

マニックス、新木場終わりましたー。
いや、彼らを長く待っていた熱狂的なファンの盛り上がり半端なかったですね!特に、年齢的には彼らより5つ位下の30台半ばの人にはあこがれの対象として、もうたまらないでしょうねえ。それ位の年齢の層が一番熱かったような。20代の若い人たちも多かったですね。
彼ら魅力的ですものー。
最近のバンドにはみられない、三者三様の個性的なキャラクターと、ジェームスの神がかり的ギタープレイ!しかも、彼らの音楽は唯一無二で、誰も真似できない、もうブリティッシュロックにとってはお宝的存在といっていいのでは。
真ん中あたりにいたのでニッキーのお色直し後の生足は近くで望めませんでしたが、サポート含めてメンバー全員が楽しくて仕方ないって感じのプレイをしていたのはよくわかりましたよ♪
(サマソニでがっつり観たのであきらめましたw)

のっけから「You Love Us」で、これは噂どおり、名曲オンパレードかなって確信。最近の曲、新曲はほんと少なくてまるで彼らの「総集編」ツアーだなと思って、ちょっと不安にも…勿論、まだ彼ら40代になったばかりだしこれからだよ!って思うんだけどね。長い道のりだから…

私が一番泣きそうになったのは「Roses in the Hospital」。
リッチーが行方不明の中、彼らこれを歌ってたんだよね。リッチーは自分の事をイメージして書いたんじゃないかな。
今はサポートメンバーもすっかり板についたし、たった3人でステージに上がる事もなくなったでしょうけど、この曲は今でも決して埋まらない永久欠番のポジションを彷彿させて胸が痛いです。
それにしても、相変わらずジェームズはハードロッカーだな(笑)彼があと2人いたら完璧にハードロックバンドになってるでしょ。まあ、もともと Guns N' Rosesが好きで新作でもローズに歌ってもらってるし(笑)。やっぱニッキーの存在が余りにも異色なんだよね。あんなに女装でカッコイイ40代っているか??

あと、多分ライブで初めて聴いたのが「Suicide is Painless」。
4曲入りのミニアルバムに入ってる曲で映画「M*A*S*H」のサントラカヴァー。映画も好きだけど、聴けてよかった!
定番になってる「Motorcycle Emptiness」そしてラストの「A Design For Life」の大合唱。何度歌っても感動するなあ。ジェームスの「1,2,3,4」の掛け声も嬉しかったー。
横浜はソールドアウトで手に入らなかったけど、もっと盛り上がったみたいでめでたし!
幸せな笑顔のニッキーをみて、又来てくれるよねって思ったのでした。


You Love Us
Your Love Alone Is Not Enough
Motorcycle Emptiness
(It’s Not War) Just The End Of Love
Jackie Collins’ Existential Question Time
Roses In The Hospital
This Is Yesterday
Everything Must Go
Some Kind of Nothingness
You Stole The Sun From My Heart
Ocean Spray
La Tristesse Durera
Suicide is Painless (Theme From M*A*S*H)
Motown Junk
If You Tolerate This Your Children Will Be Next
Stay Beautiful (acoustic) ←Jamesソロ!
Faster
No Surface All Feeling
Golden Platitudes
Tsunami
A Design For Life
[PR]
# by mi10kuma | 2010-11-29 14:24 | ライブ感想